MENU

金利の少しでも低い所からお金を借りよう

お金を借りれば当然にことながら返済をしていかないといけません。返済をする時には借りたお金の返済に加え、利息の支払いをしないといけません。利息は借りたお金の一定割合を支払います。この一定割合のことを金利といいます。

 

金利に関しては、各貸金業者で自由に設定しています。このため、金利がやや高い所もあれば低い金利で提供している所もあります。返済の負担も想定すると、金利の低い方で借り入れをした方がいいでしょう。

 

金利と審査の関係

 

お金を借りることのできる業者はいろいろあります。その中でも銀行系は金利が低めで、消費者金融系は金利が高めの傾向があります。金利の高低ですが、審査の厳しさと関係しているといわれています。金利の低い所は、審査が厳しく設定されています。また審査に時間のかかる可能性がありますので注意しましょう。

 

一方やや金利が高めといわれる消費者金融ですが、審査のハードルを低めに設定する傾向があります。銀行系では融資を断られたとしても、消費者金融ではOKだったということも起こりえます。

 

スピードが魅力の即日融資

 

また消費者金融は申し込んだその日のうちに審査結果を通知してくれるスピーディさが魅力です。昼頃までに申し込みを完了できれば、即日融資してくれることもあります。

 

ホームページやチラシに掲載されている金利は、年利であることが多いです。つまり1年間そのままずっと借入をしていて、丸1年後に返済した場合の利息です。たいていの貸金業者は利息を日割りで計算します。元金に金利をかけて365日で割ります。

 

そこに借り入れ日数分をかけた額が皆さんの支払わないといけない利息となります。つまり早く返済をすればするほど、利息の負担も軽くなるわけです。